キャッシングの審査項目:キャッシング・クレジットカード・ローン安心情報

キャッシングの審査項目

キャッシングする際に必ず「審査」があります。
審査は個人の金融履歴に基づく情報によって行なわれます。

個人の金融履歴の情報は信用情報機関から取得します。
信用情報機関というのは過去に金融機関を使った場合にその履歴を収集し情報を金融機関に提供する役割を担っています。
扱われている内容は大きく三つあります。

1,個人を特定する目的の情報

氏名 生年月日 性別 電話番号 そして勤務先 勤務先の電話番号などの情報。

2,契約に関わる情報

借入日 その金額、入金履歴、予定日 その残高、完済日などの契約履歴情報。ほかの金融機関から借入の情報。

3,事故情報(ブラック情報)

返済期日から滞納している日数 金額 そして解消されたかどうか、自己破産 債務整理などの履歴情報。

これらの情報を元に審査が行なわれ、その結果、キャッシングの可否が決められます。

しかし、入力されたデータによる情報ですから、結婚などで名前が変わってしまうと情報がフォローされずに、本来ブラックの部類なのに借入ができてしまう場合があるようです。
また悪質な裏金融のような業者が債務整理された人をねらってさらに、高利での融資話を持ちかける際にもこの情報が利用される場合があるようです。
a_btn099.gif
posted by WHITE45 at 10:14 | キャッシング>申込
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。