銀行系キャッシングの特徴:キャッシング・クレジットカード・ローン安心情報

銀行系キャッシングの特徴

個人用の小口融資するシステムのことを、キャッシングといいます。
急な資金が入用になったものの、手持ちがなくてなんとかしたい、というときに利用でるので便利です。
キャッシングは大別すると銀行系・消費者金融系・クレジットカード系・その他系があります。
銀行は銀行、クレジットカード会社はクレジットカード会社で異なった特徴を持っています。
消費者金融系は比較的審査が厳しくなく、どちらかというと簡単にキャッシングができるという利点があります。
クレジットカード系や銀行系は審査からキャッシングまで時間がかかります。
しかし、クレジットカード会社では融資限度額が高く、銀行では低金利での借り入れができるというところが有利です。

それぞれに融資の特徴がありますから、何を目的としてキャッシングを利用するのかはっきり決めます。
それが決まった後、目的に合ったところでのキャッシングを利用するとよいでしょう。
銀行系キャッシングは、大手銀行の系列会社が運営していることが特徴です。
それには三井住友銀行系のアットローン。三菱東京UFJ銀行系のモビット。また新生銀行のノーローンなどがあります。このように銀行系キャッシングには、バックに銀行がついているという安心感があるので、金利・限度額などを最も気にする人が選ぶのには適していると思います。
a_btn099.gif
posted by WHITE45 at 10:08 | キャッシング>種類
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。