キャッシングでの延滞:キャッシング・クレジットカード・ローン安心情報

キャッシングでの延滞

キャッシングでの返済に「延滞」すれば・・・
キャッシングの契約時点で返済日が設定されます。
キャッシングしてから何日までの間に振り込んでください、といった形で必ず定期に返済日が設定されています。
そこで返済日に返済しなかったキャッシングについては「延滞」になります。

延滞についての対応は、大きく分けて二つの種類があります。
一つは、キャッシング会社との間での延滞です。
つまりうっかり忘れなどで返済が遅れてしまった場合です。
これはすぐにキャッシング会社に連絡を入れ、入金することで解決します。
もちろん遅れてしまった日数分の延滞金が発生しています。
返済できるのですから、自動引き落としで返済をすれば、延滞金をとられなくて済みます。

そしてもう一つの延滞、それは信用情報機関が定めている延滞です。
ちょっとした延滞だったとしても一応信用情報機関にはのってしまいます。当然ですが、何社からか借りているのならその延滞の情報はほかのキャッシング会社にも流れます。
当然ですが、そのことによって、すべての会社から追加の借入はできなくなってしまいます。

さらに、そのまま3ヶ月も返済をしないでいるといわゆる「ブラック」として登録されて消費者金融業界ではお金を借りることはできなくなってしまいます。

もちろんですが、だからといってヤミ金融のようなところを利用するのは最悪の事態を招きます。
a_btn099.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。