グレーゾーン金利と消費者金融の密接な関係:キャッシング・クレジットカード・ローン安心情報

グレーゾーン金利と消費者金融の密接な関係

グレーゾーン金利と消費者金融には密接なかかわりがあります。
グレーゾーン金利とは法の落とし穴である過払い金に関する問題のことです。
消費者金融はテレビCMでよく見るアコムやアイフルなどの貸金業の営業をする会社のことです。

消費者金融がグレーゾーン金利を使っている問題を見てみます。

消費者金融を利用してお金を借りた人が金利と借入額を返済すると、それは法律に基ずく金利より払い過ぎになってしまうというのに対し、消費者金融側はまだ全額支払っていないという主張の対立が生じることが問題のようです。

グレーゾーン金利と消費者金融は、消費者金融がグレーゾーン金利を利用して高い利息をとっているということからきています。
問題になるほどの高い金利ならば、そもそも法律で認められないんじゃない?と思うのが一般人ですが、ここが欠陥の法律になっています。

グレーゾーン金利と消費者金融についての過去の経緯を見てみます。

グレーゾーン金利と消費者金融という言葉と一緒によく目にするのが、最高裁判所の判決というものです。

最高裁判所では長年グレーゾーン金利と消費者金融の問題について、たくさんの裁判が行われたようです。
単純に言えば、払い過ぎたお金を返せという主張と返す必要はないという主張が法の落とし穴のせいで明確な答えが出なかったということのようです。

でもグレーゾーン金利と消費者金融の問題に突然転機ともいえる判決が最高裁判所で下されました。
このグレーゾーン金利に関して、裁判所は、債務者に有利な方向で解釈する姿勢が強く表れています。

それによって国会が法の落とし穴を是正すべく動き始めたようです。

この最高裁判所の決定によりグレーゾーン金利と消費者金融の問題は一気に表面化し、新聞やテレビのニュースでかなり大きな問題として取り上げられたようです。

グレーゾーン金利と消費者金融の問題は、消費者金融側にとっては激しい痛手を負うものだったようです。

武富士やプロミス、アイフル、アコムなどの大手消費者金融は、最高裁判所の判決後、たくさんのグレーゾーン金利返還請求を受けたようです。

グレーゾーン金利と消費者金融の経営利益は密接な関係にあったのに、国会は手を入れようとはしなかったようです。

消費者金融を利用している人は、一度自分の返済額などについて調べてみるとよいかもしれません。

グレーゾーン金利と消費者金融の問題は個人では対応できかねると思うので、問題が見つかったら弁護士事務所などを訪ねるとよいと思います。

グレーゾーン金利と消費者金融の問題は、気軽にお金を借りられる現在誰にでも起こりうる問題のようです。
a_btn099.gif
posted by WHITE45 at 11:28 | キャッシング>金利
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。