キャッシング・グレーゾーン金利と貸金業法のヒミツ:キャッシング・クレジットカード・ローン安心情報

キャッシング・グレーゾーン金利と貸金業法のヒミツ

グレーゾーン金利とは、消費者金融が利用する法と消費者を守る法の間で利率の差があることから過払い金が発生してしまうことが問題になりました。
グレーゾーン金利と貸金業法は、消費者金融などの貸金業が今までグレーゾーン金利を利用して利益を得ていたことで発生した過払い金が問題になり貸金業法改正がなされました。

最高裁判所で長年争われたグレーゾーン金利は、最高裁判所の実質的なグレーゾーン金利を厳しく制する判決によって、一気に流れが変わってきたそうです。
最高裁判所の判決を受け、グレーゾーン金利と貸金業法についての見直しが国会で論議されました。
グレーゾーン金利と貸金業法は、貸金業法の抜け穴を消費者金融が巧みに利用した結果の問題でありました。

グレーゾーン金利は出資法という法律と利息制限法という法律の兼ね合いが曖昧でした。

簡単に説明すると出資法は消費者金融などが利用する、是非とも利用したい法律で、利息制限法は消費者金融を利用した利用者を守る法律だそうです。
グレーゾーン金利と貸金業法の一番の問題は、出資法で定められた利率と利息制限法で定められた利率に開きがあることや、その開きに対して罰則規定が無かったことが問題なんです。

お金を貸す方は当然少しでも高い金利で利息を計算して収益を増やしたいと思いますし、お金を借りる方は反対に少しでも安い金利で利息を計算して返済を抑えたいと考えます。

グレーゾーン金利と貸金業法は、その利率の差であるグレーゾーンの為に発生した過払い金をめぐる消費者金融と利用者の戦いのみならず、法と法の戦いともいえるかもしれません。
そもそもグレーゾーン金利と貸金業法のような法に矛盾点があることが一番の問題だと言えます。
また、それを解消しようと言う動きに抗う政治家もおりました。

グレーゾーン金利と貸金業法の見直しによって、大手消費者金融は早くもその対策を講じています。

グレーゾーン金利と貸金業法の見直しや法の改正などで、利用者にとってとても良いことだと単順に思いますが、それにはデメリットもあるようです。
そのデメリットとは誰でも気軽に消費者金融を利用していたものが、少数ではありますがお金を貸してもらえない状況も生まれてきているようです。
a_btn099.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。