クレジットカードでの犯罪:キャッシング・クレジットカード・ローン安心情報

クレジットカードでの犯罪

年会費無料のクレジットカードが一般化しました。それによって現在、クレジットカードが「氾濫している」といえるほどに日常的に使われています。
そんな状況に比例してカードに関係する犯罪が急増しているのも現実です。
近年、重大な問題となっている犯罪の種類です。
1.「フィッシング犯罪」
フィッシング犯罪というのは、公共機関や金融機関からの通知メールであるかのように装って、偽のサイトへカードの使用者をたくみに誘導して、個人の情報を引き出し、その情報を利用して銀行などから不正に現金を引き出すというものです。

フィッシング犯罪に遭わないようにするためには、相手が個人情報を引き出そうとしているように感じたら、すぐに金融機関にそのような問い合わせがあったかどうかを確認することです。
最悪の場合、クレジットカードの限度額最大まで引き出されてしまうということがありますので、常に注意が必要です。
コンピューターのセキュリティソフトのなかのフィッシング対策ソフトを充実させるなどの対策が必要です。

2.「スキミング」
フィッシング犯罪に加えて、もうひとつの問題が、「スキミング」です。
これは、特殊な装置でクレジットカードに記載、または記憶された情報、たとえば番号や有効期限などを盗み出し、まったく別に新しいカードを偽造するというものです。
この犯罪に用いられる装置が「スキマー」です。スキミングの恐ろしいことは、カードの持ち主が自分のカードが偽造されていることになかなか気づかないということです。そのため気づかないうちに多額のショッピングをされていたりといった、被害が大きくなってしまいます。

年会費無料クレジットカードだから、と使わないカードがいつの間にかたまっている方! 警告です。クレジットカードというのはもっているだけでも被害にあう可能性があるということを忘れないでください。
a_btn099.gif
posted by WHITE45 at 09:29 | クレジットカード>利用・種類・比較
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。