キャッシング・ローン一本化による借入件数の減らし方:キャッシング・クレジットカード・ローン安心情報

キャッシング・ローン一本化による借入件数の減らし方

キャッシングの借り入れ件数が7つも8つもあるような状態では、ローンを一本化しようとしても一度にまとめるのは実現不可能です。
が、それでも、ローンを一本化という目的を諦めてはいけません。
まず、借り入れ先を可能な限り減らして少なくまとめるのが大事で、3件ぐらいまでにまとめることができれば理想的です。
ローン一本化の最終目標は、より条件のいい低金利ローンに借り入れ金を一本化することです。
小口で何件もの借り入れをしているような状況なら、キャッシングの残額が少ない順に一つでも多く一本化します。
もし、限度額を引き上げてもらえるところがあれば、その分で他社のローンが返済して仕舞えないかを検討してみましょう。返済がすべて終わった会社については解約手続きをすぐに行い、借入件数を必ず減らしてください。金融会社が審査に使う信用情報は2ヶ月分の利用情報しかありませんので、解約後に3ヶ月待つと、借り入れ情報が更新されるため、他社を使用したという記録が消えることになります。
返済の実績を積み重ね、また借り入れしている件数を減らしていけば、金融会社は返済力のある客と見なしてくれます。
ローンの一本化は、なるべく低い金利で、なるべく高い限度額で借り入れを行えるようにするのがポイントになってきます。
借り入れをしている金融会社の数を2社から3社ほどに抑えられるようにローンをまとめていけば、さまざまな返済の可能性が出てきます。
金利が低ければ低いほどよいので、そういったキャッシング会社を利用してローンの一本化を図り、借金返済の効率化を考えるべきだと思います。
a_btn099.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。