クレジットカードでの利用限度額がオーバー:キャッシング・クレジットカード・ローン安心情報

クレジットカードでの利用限度額がオーバー

クレジットカードの使いすぎによって、設定された利用限度額をオーバーしてしまうことは絶対、避けなくてはなりません。クレジットカードの種類によって利用限度額は違っています。このため、カード一枚ごとに、利用できる限度額をきっちりと把握認識しておく必要があります。また、盗難などによる第三者のクレジットカードが利用される被害を最小限に抑える必要があります。このため、一度のショッピングなどでのカード利用金額が制限されているクレジットカードもあります。

キャッシュカードの利用で利用限度額を超えた場合の対応は、クレジット会社によって異なっています。少しでもオーバーするとすぐにカード利用を停止するところ、多少ならオーバーしていても利用できるところとクレジット会社の対応は違っています。あらかじめクレジットカードの利用限度額にゆとりが設定されているのもあります。例えば50万円の最大限度額が設定されている場合に、2〜3万円の超過利用であれば問題ないとしている会社もあるようです。カードを使おうとしてエラーが出た時にはきまり悪い思いをしますが、実際どうなっているのか試しておくのもいいかもしれません。複数のカードを持っていて、その発行会社が同じような場合、利用限度額がクレジットカードの枚数にかかわらず一定に制限されることがあります。
もし、定められた限度額を超えてカードを使わなければならないような時には、その旨をカード会社に伝え、利用限度額の上限を変更できないか頼んでみるのが無難なカードの使い方でしょう。
a_btn099.gif
posted by WHITE45 at 10:42 | クレジットカード>利用・種類・比較
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。