つなぎ融資の申し込みに必要な手続き:キャッシング・クレジットカード・ローン安心情報

つなぎ融資の申し込みに必要な手続き

金融機関に、必要な書類を整えて提出することでつなぎ融資を受けることができます。むしろつなぎ融資は住宅ローンを使うときには、登記とローンでの融資期日の差を埋めるために必要になってきます。申し込みには色々な書類が必要で揃えるにも大変です。きちんと書類を整えなかったり、手続きに不備があると、つなぎ融資を受けることは不可能です。つなぎ融資を扱う金融会社によって、提出書類の内容は少しずつ違っています。一応、各種書類の他につなぎ融資の申し込みに必要な書類等は次のとおりになります。
・実印と印鑑証明書、身分証明書、所得証明書、住民票の謄本、火災保険の証券、返済用の通帳とその銀行印、そして収入印紙
また申込書類には、個人情報に関する同意書を添付します。
つなぎ融資は勤務先や借り入れ情報などの個人情報を扱うので、個人情報の用途について明記し同意を取った書類が必要になります。借り主や借り入れの内容を明記してある借入申込書も、つなぎ融資には必要なものです。借り入れ先の銀行につなぎ融資の返済を約束する約束手形が、この他に必要な書類です。その他にも、つなぎ融資の契約書の一種である金銭消費賃借契約書を作成します。このとき連帯保証人を用意しなければなりません。
抵当が必要な場合は抵当権設定連帯保証委託契約書を、そして抵当権設定の登記申請に関する委任状もつなぎ融資の申し込みには必要です。
a_btn099.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。