つなぎ融資の代理受領を知っておきたい:キャッシング・クレジットカード・ローン安心情報

つなぎ融資の代理受領を知っておきたい

つなぎ融資を受けると金利や手数料の支払いは結構な金額になります。つなぎ融資は短期間でも高額の融資を受けることになるためです。住宅ローンの融資で生じる、このつなぎ融資にかかる資金を不要にしたいと誰もが考えると思うのではないでしょうか。
そこで、住宅ローンの融資を受けるまで時間がかかるということがありますが、それでもつなぎ融資が必要ないことがあります。つなぎ融資は、不動産会社が代理受領というシステムを採用している場合は必要ないことがあるのです。本来の住宅ローンの借り入れ資金が手元に入る前にもかかわらず不動産会社に支払わなければならない費用が発生することから必要になる融資のことを、つなぎ融資といいます。不動産会社と交渉して住宅ローンからの支払いを待ってもらうことが可能ならば、つなぎ融資はいらないということになります。
つなぎ融資の代理受領のシステムとはどんなものかというと、不動産会社が購入代金の支払い前に物件を引き渡すために、住宅ローンの融資金を受け取る約束をするというシステムなのです。これは住宅ローンからの融資金が入らないかもしれないというリスクを不動産会社が負うものです。そして、この代理受領という仕組みは、つなぎ融資の金利負担をなくしてくれるのが利点です。
本来の義務ではなく、業者のサービスの範囲にあるといえるのがこの代理受領というシステムなのです。代理受領の要求をあまりにも高圧的にして、問題がこじれてしまってはサービスを受ける機会を逃す可能性があります。代理受領の依頼をしたい時は、住宅ローンの融資決定の証明書などを出しながらさりげなく話を持ちかけるようにすることがポイントです。
a_btn099.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。