住宅ローンの金利:キャッシング・クレジットカード・ローン安心情報

住宅ローンの金利

住宅ローンを選ぶ際に重要な点はいくつかありますが、金利がどの位かが一番重視されます。
住宅ローンの金利は大きく分けて3つに分けられ、固定型金利と変動金利、固定期間選択型があります。
住宅ローンの固定金利型にも種類があり、全期間金利の変動が無く融資が受けられる場合と、段階によって金利が上がっていくタイプがあります。
固定金利の2つのタイプは、低金利で住宅ローンを組むことが出来れば返済計画も立てやすく、有利なようにおもいます。
住宅ローンを変動金利で申し込む場合には、年に2回金利の見直しが行われますが、5年間は固定金利で返済を組まれる場合が殆どになっています。
変動金利の場合、低金利の間は良いのですが、逆に高金利になってしまう可能性もあり、ローンの返済期間が長いと負担になってきます。
変動金利でも上限金利特約の住宅ローンなら、上限の金利が決まっているため普通の変動金利に比べると多少、安心感があります。
住宅ローンでも固定期間選択型は、決められた期間の返済が終了した後、金利の状況に応じてどの返済方法にするか選ぶことが出来ます。
どの住宅ローンの金利も契約を行う時の状況や、これからの経済状況をある程度予測して行う必要があります。しかし、現在はずーっと低金利で来ていますので、いずれ、金利は上がるものだとの認識は必要です。状況を良く考えてから契約することが大切です。
a_btn099.gif
posted by WHITE45 at 13:51 | ローン>住宅ローン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。