住宅ローンの審査:キャッシング・クレジットカード・ローン安心情報

住宅ローンの審査

住宅ローンはとても大きな貸付金額になるため、融資を受ける際の審査は様々な基準が設定され、審査も厳しく行われます。
せっかく住宅を購入したのに、住宅ローンの審査に通らなかったという例がありますので、自分がどう判断されるかを知っておく必要があります。
住宅ローンの審査では、ただ年収が高ければ審査に通るというものではなく、ローン期間が長期に亘る為、数十年先も返済能力があるかどうかが重要になります。
住宅ローンの申込時に年収が高い人でも、給与が安定していなければ審査が難しくなってきます。それには、勤続年数が短い人は住宅ローンの審査に通らないというのが共通しています。転職が多く、どの会社も短い期間で退社をしている人などは信用度が低く見られ、住宅ローンの審査にパスしない場合があります。
クレジットカードや消費者金融の支払いが滞っている人なども、チエックされ、住宅ローンの審査が通らない場合があります。信用調査は信用情報センターでの確認も行われます。
カードなどのローンが滞っていなくても、負債比率が融資会社の基準を超えている場合は、住宅ローンの審査が厳しくなります。
住宅ローンの審査は、20歳以上で収入が安定していて、勤続年数が3年以上という条件を最低でもクリアしなければなりません。

ただ、自営業や外国人などは、住宅ローンの審査が通りにくいという事もありますが、そういった人向けの融資会社も別個にあるので調べてみると良いと思います。
a_btn099.gif
posted by WHITE45 at 09:23 | ローン>住宅ローン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。