住宅ローン諸経費:キャッシング・クレジットカード・ローン安心情報

住宅ローン諸経費

住宅ローンで住宅を購入する際に頭金などを用意する人は多くいますが、その他に諸費用がかかってきますので、その分の費用も必要です。
住宅購入にかかる諸費用とは、融資保証料や登記費用、不動産仲介手数料や印紙税などがあり、住宅ローンと合わせて融資の対象にもなります。
その他にも、司法書士手数料、融資関係手数料、保険料や登録免許税、土地家屋調査士手数料、不動産取得税、固定資産税清算金など住宅を購入するには建物の費用だけではなく、様々な費用がかかります。
諸費用は思った以上にかなり高額になる場合が多く、新築の物件で購入金額の2%から5%、中古物件で5%から10%の金額が見込まれます。住宅ローンに上乗せすることになりますが、組み合わせることが出来るので、安心して利用することが出来ます。
住宅ローンと組み合わせて諸費用の融資を受ける場合、全体のローン契約金額が高くなる為、返済計画も諸費用を組み込んできちんと行う必要があります。
住宅ローンと諸費用を組み合わさずに支払う場合は、購入前に費用を用意することになり、自己資金を準備しておく必要があります。
更に、引越費用や家具の購入など、他にも様々な高額の費用がかかります。中古住宅の場合には、予想外の修繕費もいる場合があります。住宅ローンと組み合わせて融資を受けるか、自分で別途に用意するのかなど、支払計画を考えないと、日常の生活にも大きな影響が出てきます。
a_btn099.gif
posted by WHITE45 at 09:13 | ローン>住宅ローン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。