教育ローンを利用する人とは?:キャッシング・クレジットカード・ローン安心情報

教育ローンを利用する人とは?

子供が大学などの進学に備えて教育資金を準備をしたくても、日常の生活や、他の必要な費用の出費を優先しなければならないってことは
よくあります。
子どもの進学の時期になって、進学費用を計算すると、資金の借り入れが必要になった時、借り入れ資金の返済についてはローンを組んでということになります。

教育ローンを利用するのには、教育ローンについて知っておくことが必要だと思います。
資料として、国民生活金融公庫が行っている「国の教育ローン」の利用者データがあります。このデータは、ローン利用者の中で、「国の教育ローン」の利用がもっとも多いので、教育ローン利用者の現状を反映していると思われます。

このデータによると、最も一般的な教育ローン利用者は
[・子どもは2人の4人家族]
[・一家の稼ぎ手であるお父さんは50歳]
[・お母さんのパート代も含めて、世帯の年収は約650万円]
[・教育ローンは子どもの大学進学のために利用]

ということになっています。

これは、現在、この年代ではごく平均的な年収であり、ごく一般的な家族構成だと思います。
そして、このような、極々普通の家庭で、10000件以上が利用されています。

ただ、教育ローンを利用しても、すべての教育費用をまかなうのが可能かいうと、そうではなく、教育ローンの借り入れ限度額などの制約もあります。
ローンの返済計画にもよりますが、大抵の家庭では、さらに、教育費は家計からの出費で補いをしなければならないようです。

家族旅行を控えたり、外食や衣類の購入を抑えたりすることで、何とか教育費を捻出している家庭が6割以上あります。
子供がアルバイトをして、教育費をまかなっている家庭も半数近くあります。

でも、大学生のアルバイトは一般的に行なわれていて、むしろ大学生活の中で、アルバイトをするのが普通です。
アルバイトで社会の扉口に立つ訳ですから、アルバイトは子供が社会生活との関わりの第一歩なのだと思います。
しかし今の日本では、教育費をまかなうというのは、どこの家庭でもとても負担が大きく、教育ローンを利用したりして何とか切り抜けていっているのが実状だと思います。

教育ローンを利用するのには、返済の計画も含めた知識を持って家族で検討しなければならないでしょうね。
a_btn099.gif
posted by WHITE45 at 11:43 | ローン>教育ローン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。