教育ローンを比較するポイント:キャッシング・クレジットカード・ローン安心情報

教育ローンを比較するポイント

「教育ローン」は、まず、公的機関が扱う教育ローンの利用を考えると思います。しかし、公的機関が扱う教育ローンは融資条件に該当しなかったり、融資金額が足りないということがあります。
そこで一応、公的機関の教育ローンを検討したた上で、民間の教育ローンを比較検討することになると思います。

「教育ローン」は銀行や信用金庫、JAバンクなどで扱っています。
また、会社で労働組合に加入しているのでしたら、労働金庫(ろうきん)の教育ローンが利用できます。

民間の教育ローンを比較する第一のポイントは、やはり、金利についての検討です。銀行など金融機関では、春の入学シーズンなどに「金利優遇キャンペーン」をよく行う場合がありますので、ホームページなどの確認は欠かせないでしょう。

また、教育ローンの金利は固定型金利を選ぶか、変動型金利を選ぶかで定期返済額が変わってきます。「変動型金利」は世の中の情勢で金利が高い方に変わってしまった時には返済額がかなり高くなってきます。
現在の金利水準は低いのですが、日銀の金利の利上げ時期を繰り延べして発表している昨今です。ところが、景気低迷で金利が上がるのは先延ばしにはなりましたが、いずれ利上げの時期もあるとは思いますが、
固定型金利を選んでおいた方が、安心感はあります。

変動型金利は固定型金利よりも少し安く設定してあります。
返済を短期で終わらせることができるのであれば、現在の低い金利をベースに変動金利を選択することも考えられます。


大抵の教育ローンは無担保型ですが、不動産担保型の教育ローンもあります。不動産を担保にすることで金利が低めに設定されていますが、抵当権設定などの手続きに時間が掛かります。
不動産担保型の教育ローンの融資を受けたい方は時間の余裕を見込んで置かなければならないでしょう。
教育ローンの返済方法は、元金返済を卒業後まで据え置いて、在学中には金利返済のみにすることができます。

教育ローンの返済方法の大半はこの方法ができます。

このような返済方法は、在学中の金利返済を親が受け持ち、卒業後、就職した子供が給料から元金を返済するということができます。
親の教育資金負担の枠の設定もはっきりしてきます。

教育ローンの最長借入期間はだいたい10年になっています。
借入上限額は300万円程度までです。
銀行系の教育ローンでは、繰上返済が可能な場合が多いようです。

ホームページ上には、教育ローンを比較できるサイトがいくつかあり、一覧になっていて比較しやすいです。
そのようなサイトを利用すると良いでしょう。
また、いくら借りて、返済を何年で終わらせるか、事前にしっかりとした計画を建てた上でローンを組みましょう。
a_btn099.gif
posted by WHITE45 at 09:31 | ローン>教育ローン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。