幼稚園からの教育費は銀行系の教育ローンを利用する:キャッシング・クレジットカード・ローン安心情報

幼稚園からの教育費は銀行系の教育ローンを利用する

子育てでの養育費は家計に重くのしかかります。
なかでも、教育費は、進学の方向によってかなり変動があります。
子供一人に掛かる金額は最低1,000万円、掛ければ3,000万円とも言われています。
公立の学校に通うのか、私立の学校に通うのかでも、教育費用はかなり差があります。
今の時代、大学への進学は一般的になってきていますが、国公立の大学に行ければ、学費は少しは楽かもしれませんが、その為の塾などへの費用も馬鹿になりません。親としては、少なくとも大学に進学できるくらいの学費は用意してあげたいものです。

そのためには、銀行などの各金融機関では、教育ローンを扱っていますので、それを利用する方法があります。ローンの条件は大抵が無担保ですし、保証人もいりません。
(保証人が要らない代わりに、銀行が指定する保証会社の保証が必要になります)
担保設定のローンを扱っている銀行もあって、担保を設定してローンを組むと金利が低めになり、融資額が大きく、融資期間が長期になります。(ただし、有担保型は申し込みから融資までに少し時間がかかります。)

審査は、年収、職業、勤続年数、他の借入があるかないか、過去のローンの返済状況などが対象になります。
パート・アルバイトの職業では残念ながら融資を受けるのは難しくなります。

銀行系の教育ローンの融資金を使える学費は、幼稚園から大学までの教育費や、受験費用、留学費用まで幅広く対象になっています。

また、融資金は保護者のみならず、本人のスキルアップのための用途にも使えるものもあります。
融資額の上限はだいたい300万円から500万円くらいです。
返済期間は5年から10年くらいですが、たいていの教育ローンは子供の在学期間中は金利返済のみにして元金返済を据え置くことができます。

金利は固定型金利と変動型金利が選べるものや、最初から変動型金利と決まっているものがあります。
銀行によって違いますので、比較サイトなどを利用し、いろいろ比較してみるとよいでしょう。
a_btn099.gif

posted by WHITE45 at 09:07 | ローン>教育ローン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。