住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の融資体験:キャッシング・クレジットカード・ローン安心情報

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の融資体験

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の住宅ローンは災害復興向け・密集市街地向けの建替融資、子育て世帯向け・高齢者世帯向けの賃貸住宅融資など、特殊な事情が民間金融機関だけでは対応が困難なものについての融資も行っています。

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の住宅ローンは住宅建築、購入された方の多くが利用されています。実績も信用も安心感もある融資ですが、実際にローンを組んだ人はどのような感想を持たれたのででしょうか。
住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の住宅ローンのおかげでマイホームができましたという人の声が多いようです。住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)と契約した人の中でも本人が主体的に話を進めた方が大半ですが、中には、途中で他のローンと住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)のローンの比較をしてのちに、住宅販売業者の勧めによってローンを決定した人もあるようです。
最初から住宅金融支援機構の商品の詳細を理解しておくべきだったという声もあります。

また、融資額について、注意すべきことがあるとの感想もあります。
フラット35の借入額を、年収からはじき出して、借り入れ可能な限度額まで借りて安心感を持っていたが、実際マンションを購入してみてからの、管理費、固定資産税、駐車場の賃料、家族の交通費など、細かい出費が思いのほか嵩み、楽にできるはずの返済をしていくためには、生活をかなり切り詰める結果となって、返済計画が失敗だったいう方もいます。
住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)での融資に限りませんが、融資を受ける場合は融資限度額で決めるより、可能返済額を徹底的に考えてから融資額を決め、購入物件の金額を決めるべきであったということです。
クレジットカードの用途(ETC)とグレード


a_btn099.gif
posted by WHITE45 at 11:30 | ローン>銀行の住宅ローン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。