キャッシング>知識・融資・返済・事故:キャッシング・クレジットカード・ローン安心情報

借金の消滅時効の援用

もしもキャッシングの返済の消滅の時効期間に達したとしても、そのままでは時効は成立しません。
時効期間の経過だけでは、時効とは見なされません。時効によって発生する効果を受けるためには、キャッシング会社などに時効を通達し、返済の義務がなくなったことを明確にしなければいけません。
貸主側へ主張することを「時効の援用」といいます。
消滅時効に必要な期間が既に経っていても、貸主側の消費者金融会社などはお構いなしに返済を求める電話や通達をしてきます。
時効成立は、借りた側が消滅時効を援用しない限りは認められていません。業者側の考えは時効があろうと、支払いがされるならそれに越したことはないため、業者側はどんどん返済を求めます。
この消費者金融からの催促に応えてうっかり支払うと消滅時効を喪失したことになりますので重大な注意が必要です。

消滅時効の手順は内容証明郵便を使います。内容証明郵便は郵便物の送付記録がはっきり残りますので、これを使って消滅時効を援用し借金を棒引きにします。
内容証明郵便とは、手紙の内容、日付、差出人、受渡人を郵便局に証明してもらう郵便物です。内容証明郵便は、受け取られなかった時は送り主に戻されます。受け取り拒否や不在時は郵便局が一定期間保管します。
事実関係を明確にし、記録するためにも、内容証明郵便を使います。
借金の時効の権利を援用するためには、このようにして消滅時効のことを相手に対して表明しておくことが大事です。
a_btn099.gif

破産宣告の前に特定調停をする

平成12年7月に施行された「特定債務等の調整促進のための特定調停に関する法律」は、裁判所を仲立ちにして破産前に対策を立てる法律です。借金を返すとどうしようもなく窮乏するような人は、特定調停を適用して債務を整理することができます。
この時、金銭債務の利害関係を調停することができます。
収入の範囲では到底返しきれないキャッシングした結果、貸し倒れ直前という人は随分と多いようです。貸し倒れ直前の時には、返済が可能になるよう、特定調停の手続きができます。返済責任がある当該人にのみ特定調停の申し立ては認められており、基本的には返済責任がある人意外の他人が行うことが出来ません。ただし、例外規定として弁護士や定められた研修を終えた司法書士が代理に立つことはできます。
特定調停の申し立ては例えば、これまでの返済総額を再計算し、利息制限法で定められた実質年利18%を超えた利息を支払っていた場合は、過払いを理由に返しすぎた利息に関しては戻してもらう等の調停が可能です。
本来、払う必要がない余分に払いすぎた利息を、元金に組み込んで充てることが可能になりました。金利の再計算をすることで利息額を大幅に軽減してもらうことができ、返済がぐっーと楽になります。
調停をしたことで破産を免れた人もいます。それまでは破産するしかな
かった人でも、この「特定債務等の調整促進のための特定調停に関する法律」によって、活路を見いだせるようになりました。
a_btn099.gif

キャッシングで破産手続きをしないために

借り入れ資金を返済しきれず、破産を申し立てる人が多くいます。
破産とは、たとえその人が破産をしても、財産を全て失うわけではありません。また、貸付をした人たちに対して、全ての返済義務が放棄されるわけではありません。
破産の精算は所有している財産の範囲での返済が行われます。
返済を求める権利を破産後も持っている債権者は、破産後に借りた債務者が得た収入などを返済対象として強制執行の対象にもできます。

ところで、破産には免責制度もあり、きちんとした債務者なら免責を認
められます。免責の申立てが認められると、破産者が破産宣告前に負担した債務は支払う責任がなくなります。
ただし、この時、罰金や税金は適用外とされ、除外されます。
免責許可が出ることによって、制限を受けていた資格が使用可能になります。自己破産の方法は、多額のキャッシングの利用によって借金でどうにもならなくて、どうにかするための頼みの綱ともいえます。

しかし、返済可能なうちは返済に励みましょう。破産という奥の手を使うのは、本当にどうにもならない状態に至った時だけです。
ほかの解決方法に、例えば、民事調停法には債務整理として特定調停法がありますので、詳しい人に相談してみましょう。破産になる前に立ち直る方法をまず検討してみることがその後の生き方に賢明な方策です。
a_btn099.gif

つなぎ融資の代理受領を知っておきたい

つなぎ融資を受けると金利や手数料の支払いは結構な金額になります。つなぎ融資は短期間でも高額の融資を受けることになるためです。住宅ローンの融資で生じる、このつなぎ融資にかかる資金を不要にしたいと誰もが考えると思うのではないでしょうか。
そこで、住宅ローンの融資を受けるまで時間がかかるということがありますが、それでもつなぎ融資が必要ないことがあります。つなぎ融資は、不動産会社が代理受領というシステムを採用している場合は必要ないことがあるのです。本来の住宅ローンの借り入れ資金が手元に入る前にもかかわらず不動産会社に支払わなければならない費用が発生することから必要になる融資のことを、つなぎ融資といいます。不動産会社と交渉して住宅ローンからの支払いを待ってもらうことが可能ならば、つなぎ融資はいらないということになります。
つなぎ融資の代理受領のシステムとはどんなものかというと、不動産会社が購入代金の支払い前に物件を引き渡すために、住宅ローンの融資金を受け取る約束をするというシステムなのです。これは住宅ローンからの融資金が入らないかもしれないというリスクを不動産会社が負うものです。そして、この代理受領という仕組みは、つなぎ融資の金利負担をなくしてくれるのが利点です。
本来の義務ではなく、業者のサービスの範囲にあるといえるのがこの代理受領というシステムなのです。代理受領の要求をあまりにも高圧的にして、問題がこじれてしまってはサービスを受ける機会を逃す可能性があります。代理受領の依頼をしたい時は、住宅ローンの融資決定の証明書などを出しながらさりげなく話を持ちかけるようにすることがポイントです。
a_btn099.gif

つなぎ融資の申し込みに必要な手続き

金融機関に、必要な書類を整えて提出することでつなぎ融資を受けることができます。むしろつなぎ融資は住宅ローンを使うときには、登記とローンでの融資期日の差を埋めるために必要になってきます。申し込みには色々な書類が必要で揃えるにも大変です。きちんと書類を整えなかったり、手続きに不備があると、つなぎ融資を受けることは不可能です。つなぎ融資を扱う金融会社によって、提出書類の内容は少しずつ違っています。一応、各種書類の他につなぎ融資の申し込みに必要な書類等は次のとおりになります。
・実印と印鑑証明書、身分証明書、所得証明書、住民票の謄本、火災保険の証券、返済用の通帳とその銀行印、そして収入印紙
また申込書類には、個人情報に関する同意書を添付します。
つなぎ融資は勤務先や借り入れ情報などの個人情報を扱うので、個人情報の用途について明記し同意を取った書類が必要になります。借り主や借り入れの内容を明記してある借入申込書も、つなぎ融資には必要なものです。借り入れ先の銀行につなぎ融資の返済を約束する約束手形が、この他に必要な書類です。その他にも、つなぎ融資の契約書の一種である金銭消費賃借契約書を作成します。このとき連帯保証人を用意しなければなりません。
抵当が必要な場合は抵当権設定連帯保証委託契約書を、そして抵当権設定の登記申請に関する委任状もつなぎ融資の申し込みには必要です。
a_btn099.gif

ローン一本化で注意すべきこと

複数のローンを一つにまとめようと金融会社への申し込みには、いくつか注意を要する点があります。
借り入れを申し込む場合には、相手との信頼関係が大事になります。
ローンの一本化のための借り入れをすることは借り入れ金額が大きくなるので、返済能力についてキャッシング会社の慎重な審査を受けることになります。そのため、ローン一本化で注意すべきことは、申し込み時の情報は正確を期さなければならないことです。名前や住所の他、それ以外の内容についても虚偽なく記入してください。キャッシング会社は、申し込みがあるとすぐに与信会社に照会しますから、虚偽事項があれば、すぐに嘘が発覚します。以前書いたものと異なる内容であった場合、キャッシング会社が怪しむだけの結果しか得られないので、注意してください。現在の借り入れ金額や他社借入件数も正確に申告した上で、ローンを一本化したいことや、返済する意志が強いことをアピールします。ローン一本化の審査が無事に通った際には、お礼を言うだけでも印象はずっとよくなります。
インターネットを通してキャッシング申し込みをする場合には、情報が問題ないか、送信する前にもう一度よく確認してください。送信する情報に誤りがあったままにしておくと、金融会社から不審に思われてしまうばかりか、今後の利用の妨げになりますので注意してください。収入証明書類などを求められた場合、月収の証明となるものとして給与明細書などを提出するわけですが、直近で最も月収が良かった月のものを提出することも便法です。
a_btn099.gif

キャッシング・ローン一本化による借入件数の減らし方

キャッシングの借り入れ件数が7つも8つもあるような状態では、ローンを一本化しようとしても一度にまとめるのは実現不可能です。
が、それでも、ローンを一本化という目的を諦めてはいけません。
まず、借り入れ先を可能な限り減らして少なくまとめるのが大事で、3件ぐらいまでにまとめることができれば理想的です。
ローン一本化の最終目標は、より条件のいい低金利ローンに借り入れ金を一本化することです。
小口で何件もの借り入れをしているような状況なら、キャッシングの残額が少ない順に一つでも多く一本化します。
もし、限度額を引き上げてもらえるところがあれば、その分で他社のローンが返済して仕舞えないかを検討してみましょう。返済がすべて終わった会社については解約手続きをすぐに行い、借入件数を必ず減らしてください。金融会社が審査に使う信用情報は2ヶ月分の利用情報しかありませんので、解約後に3ヶ月待つと、借り入れ情報が更新されるため、他社を使用したという記録が消えることになります。
返済の実績を積み重ね、また借り入れしている件数を減らしていけば、金融会社は返済力のある客と見なしてくれます。
ローンの一本化は、なるべく低い金利で、なるべく高い限度額で借り入れを行えるようにするのがポイントになってきます。
借り入れをしている金融会社の数を2社から3社ほどに抑えられるようにローンをまとめていけば、さまざまな返済の可能性が出てきます。
金利が低ければ低いほどよいので、そういったキャッシング会社を利用してローンの一本化を図り、借金返済の効率化を考えるべきだと思います。
a_btn099.gif

キャッシングの借金返済方法を一本化する

キャッシングの借金の毎月の返済に追われ、苦しみながら返済を続けながらも、利子部分の支払いに追われ元金がなかなか減らない、ということがあります。何社からもの借金があるとき、返済額が多額になってくるため、毎月の支払いが大変になってきます。生活に困って借金したのに、利子以上の元金を払う余裕はなかなかないと思います。月々に返済するべき金額が利子によって膨らんでいき、下手をすれば別のキャッシング会社から借金をして返済するというような状態になってしまいます。
借金を返すために借金の一本化を行うと、月々に返す金額がはっきりしてきます。複数の会社に対して借金を返済していると、返済のための金額計算を各社ごとにそれぞれ行わなければならず、それだけで疲れきってしまいます。月に返済しなければならない金額を一本化することではっきりさせることができれば、それだけで不安を減らすことができると思います。
月々に返す額が多額で無理があるようなら、一本化によって返済額を低く抑えることを目的にします。新たな借金を重ねて借金地獄に陥ってしまうことを防ぎます。返済を楽にする方法としては、借金返済先を一本化するというのはたいへん良いことで、返済を楽にするための借金一本化は効果が高い方法ではあります。ただ、誰にでも使えるというものではありません。それぞれに借金をしている状況が異なっているので、じっくりと調べて自分にあった返済方法を見つけるようにしてください。
a_btn099.gif

ネットショッピングで安心の保険

年会費無料クレジットカードは確かに魅力的です。
しかし、不正利用をされて多額の損失をこうむっては何にもなりません。不正利用された時の保険をきちんとついているクレジットカードを利用したいものです。

楽天カードに付帯されている保険。

楽天カードは、入会費・年会費無料のクレジットカードです。
保険が充実しているのが魅力のカードでネットショッピングをよく利用する人にはお勧めです。

1.「カード利用お知らせメール」・・・利用明細書が手元に届く前に楽天カードの利用をいちはやく確認することができるよう、確認メールが送られてきます。
万一の不正利用に備えて、早期発見につながる安心なサービスといえます。これは業界初で特許を出願中、という、楽天カードの売り込み文句のひとつになっています。
2.「商品未着安心制度」
楽天市場におけるクレジットカード利用で、商品がもし届かないなどのトラブルが発生したときに安心のサービスです。そのような場合には所定の調査によって請求を取り消してくれるというものです。
3.「ネット不正安心制度」
ネットでの不正に対する安心制度を自動付帯しています。
4.カード盗難保険
カードが不正利用された場合に、その損害額を補償するというもの。クレジットカードを紛失、盗難に遭った場合には、即座に警察に届出をし、カード会社に連絡をすることが必要です。

楽天カードはカードを持つ不安感を和らげてくれます。

a_btn099.gif

キャッシング・グレーゾーン金利と貸金業法のヒミツ

グレーゾーン金利とは、消費者金融が利用する法と消費者を守る法の間で利率の差があることから過払い金が発生してしまうことが問題になりました。
グレーゾーン金利と貸金業法は、消費者金融などの貸金業が今までグレーゾーン金利を利用して利益を得ていたことで発生した過払い金が問題になり貸金業法改正がなされました。

最高裁判所で長年争われたグレーゾーン金利は、最高裁判所の実質的なグレーゾーン金利を厳しく制する判決によって、一気に流れが変わってきたそうです。
最高裁判所の判決を受け、グレーゾーン金利と貸金業法についての見直しが国会で論議されました。
グレーゾーン金利と貸金業法は、貸金業法の抜け穴を消費者金融が巧みに利用した結果の問題でありました。

グレーゾーン金利は出資法という法律と利息制限法という法律の兼ね合いが曖昧でした。

簡単に説明すると出資法は消費者金融などが利用する、是非とも利用したい法律で、利息制限法は消費者金融を利用した利用者を守る法律だそうです。
グレーゾーン金利と貸金業法の一番の問題は、出資法で定められた利率と利息制限法で定められた利率に開きがあることや、その開きに対して罰則規定が無かったことが問題なんです。

お金を貸す方は当然少しでも高い金利で利息を計算して収益を増やしたいと思いますし、お金を借りる方は反対に少しでも安い金利で利息を計算して返済を抑えたいと考えます。

グレーゾーン金利と貸金業法は、その利率の差であるグレーゾーンの為に発生した過払い金をめぐる消費者金融と利用者の戦いのみならず、法と法の戦いともいえるかもしれません。
そもそもグレーゾーン金利と貸金業法のような法に矛盾点があることが一番の問題だと言えます。
また、それを解消しようと言う動きに抗う政治家もおりました。

グレーゾーン金利と貸金業法の見直しによって、大手消費者金融は早くもその対策を講じています。

グレーゾーン金利と貸金業法の見直しや法の改正などで、利用者にとってとても良いことだと単順に思いますが、それにはデメリットもあるようです。
そのデメリットとは誰でも気軽に消費者金融を利用していたものが、少数ではありますがお金を貸してもらえない状況も生まれてきているようです。
a_btn099.gif

カードローン地獄の実態

カードで買い物をすると、現金がなくても現金があって使っているんだというような錯覚に陥りがちです。
当然カードでの買い物は借金なわけで、最終的には現金で返さなければならないのです。
同じようにカードーローンでキャッシングをしても、実際に収入として入った資金ではなく、あくまでそれは借り入れの資金なのです。
にもかかわらず、簡単にカードローンで借り入れする人が増えています。
しかもカードローンで借リ入れがふくれながらも返済ができず、苦しい生活を余儀なくされている人が増えているのが現状です。
簡単な方法でお金が手に入るカードローンという落とし穴に落ちてしまったのです。
返済ができなくて追いつめられ、ついには命を絶ってしまう人も決して少なくない現状です。
現金を持たなくてもすむ便利さや、ATMでいとも簡単に手続き可能という風にシステムが変わってきたことが、カードを利用する人が増えた理由だと考えられます。
そういう現状の裏には、益々、カードが利用可能なお店が増えています。
以前ならカードはだめで、現金しか使用できなかったところが、カードの利用が可能になっているという現実は、当然カードを利用する人が増えている理由になっているでしょう。
また、海外旅行へ行く人も増え、海外旅行ではカードを持っていればとりあえず不安がないというところもあって、カードを持つきっかけの人もいます。ともかく、今やほとんどの人がカードの便利さを味わっていると考えられることです。
ところが、ここのところ、カードを上手に使うことができなくて、気軽に買い物などができることからどんどんローンを増やしてしまっている人がたくさんいます。
大体が、ローンの深みに嵌るのは、来月返せばいいやという簡単な気持ちで、ローンはしてみたものの、その利用金額や返済期日を考慮しなかったために、ローンを重ねるパターンが多いのです。
a_btn099.gif

キャッシング・特定調停の救済手段

最近ではキャッシングが気軽にできるようになっています。
しかし一方で金利の高さから返済が滞ってしまい自己破産を余儀なくされてしまう人も多くなりました。
社会問題化した過酷な返済勧告行為に対して、グレーゾーン金利で払った過剰な利息を整理して返済額を小さくすることが可能になりました。その返済額を小さくすることを特定調停と言います。
キャッシングの金利が高ければ高いほど過剰に払った利息は大きくなるのでその分の借金が減りその後の返済も楽になります。
特定調停は平成12年に施行された「特定債務等の調整の促進のための特定調停に関する法律」で裁判所の力を借りて、借金を少なくする方法です。
最大の特徴は弁護士に依頼しなくても、自分一人で債務整理が可能だと言うことです。

利息制限法では15%から20%と金利の上限がきめられているので、それを超えた金利は無効という扱いになります。

法律上払う必要のない金利を払っていた訳ですからその余計に払った分を残っている借金から引いて借金を整理する方法です。
もちろん場合によってはこれでほとんどの借金を清算することもできるのではないでしょうか。

このことは信用情報として記録されるために当分の間キャッシングが使えなくなるのは仕方がないでしょう。
a_btn099.gif

キャッシングでの延滞

キャッシングでの返済に「延滞」すれば・・・
キャッシングの契約時点で返済日が設定されます。
キャッシングしてから何日までの間に振り込んでください、といった形で必ず定期に返済日が設定されています。
そこで返済日に返済しなかったキャッシングについては「延滞」になります。

延滞についての対応は、大きく分けて二つの種類があります。
一つは、キャッシング会社との間での延滞です。
つまりうっかり忘れなどで返済が遅れてしまった場合です。
これはすぐにキャッシング会社に連絡を入れ、入金することで解決します。
もちろん遅れてしまった日数分の延滞金が発生しています。
返済できるのですから、自動引き落としで返済をすれば、延滞金をとられなくて済みます。

そしてもう一つの延滞、それは信用情報機関が定めている延滞です。
ちょっとした延滞だったとしても一応信用情報機関にはのってしまいます。当然ですが、何社からか借りているのならその延滞の情報はほかのキャッシング会社にも流れます。
当然ですが、そのことによって、すべての会社から追加の借入はできなくなってしまいます。

さらに、そのまま3ヶ月も返済をしないでいるといわゆる「ブラック」として登録されて消費者金融業界ではお金を借りることはできなくなってしまいます。

もちろんですが、だからといってヤミ金融のようなところを利用するのは最悪の事態を招きます。
a_btn099.gif

キャッシングの申込2

キャッシングを申込んで審査が終了すると改めてキャッシング会社から連絡が入ります。
そして、カードの発行になります。
カードの発行する方法は主に2つあります。

一つは郵送やメール便などを使う方法です。
この方法はカードが届く前にまず、書類が送られてきて、書類と身分証を返送します。このとき、届けられる封筒にはカード会社の名前などでなく、担当者の名前で送られてきます。
数日の後、カードが発行されて郵送されます。
カードが届いたことによって、その時点よりキャッシングが可能になります。

もう一つの方法は身分証などを持って店頭に出向き直接カードを発行する方法です。
この場合も書類が自宅に届けられる場合がありますが会社のロゴの入ったものではなく茶封筒などで担当者の名前が書かれているだけのものがほとんどです。
カードを受け取ったら店頭とは別の場所においてあるキャッシュディスペンサーでキャッシングが行えるようになります。

会社によっては流れが前後する場合もありますが、申し込みからキャッシングまで流れは、基本的にはこのようになります。
これでキャッシングの申し込みは完了します。
a_btn099.gif

キャッシングの返済の種類3

キャッシングの支払い方法として有名でメジャーになった支払い方法に「リボ払い」とともに「残高スライド方式」と言うものがあります。

リボ払いと言うとクレジット払いのイメージが強いようです。
が、残高が変動しやすいリボルビング契約のキャッシングではすでに採用されていて、一般的な支払い方法になっています。

貸し付けている残高に応じて毎月の返済額が一定額ごとに変動する方式です。
この場合に注意するのは返済する金額が変わらないために借入の合計を忘れて借りすぎてしまいます。借りすぎに気をつけなければいけません。

一般的にリボルビングは気軽に利用できる返済方法です。それだけに最もカード利用で失敗するケースはリボルビングと言われるほどです。
返済額が低めに設定されていると毎月の返済額より借入が大きくなってしまうなどといった事が注意の要点です。

残額スライド方式を多く採用しているのはキャッシングの中でも消費者金融などのように頻繁に追加貸付が行われるローンのようです。
特に消費者金融系のキャッシングは金利が高めに設定されているところが多いので余計に注意が必要になっています。
a_btn099.gif

キャッシングの返済の種類2

キャッシングの場合でよく見かけるのが「元金定額返済方式」 と呼ばれる返済方式です。前回の説明の「元利定額返済方式 」(住宅ローン返済方式)と名前が似ているのですが全く内容が異なります。元金が一定、つまり返済する一定の元金と借り入れしている全体の利息を返済していく方式です。
どういった違いがあるかと言うと「元利定額返済方式」の場合利息まで含めての毎月の返済額が決まっているためにキャッシングしている金融業者にはわかりやすい反面、返済している側にとっては元金の返済額の状況が分かりづらいキャッシング方式でした。
「元金定額返済方式」の場合だと元金の支払いは常に一定なので毎月の返済額は毎月変わるものの返済できている金額は毎月同じなので確実に返済できているのが分かるのです。ただし、この場合だとキャッシングして初めの頃の返済金額がが大きく負担になってしまうことが非常に多いのでその点は注意が必要です。

また、この返済方式が最も採用されているのはコーポレートローンと呼ばれるキャッシングサービスです。
キャッシングの債務残高の注意は必要ですが「元金定額返済方式」が最も理想的な返済方式ではないでしょうか?
どの返済方式なのかで返済プランも変わってくるのでキャッシングの際は必ずチエックするようにしなければいけません。
a_btn099.gif

キャッシングの返済の種類

キャッシング自体にも多くの種類があります。
そのキャッシングによって返済の方法なども異なってきます。
また、返済の方式が自分で選択できるキャッシングサービスがあるようです。
ローンという意味で言えば一般的なのが「元利定額返済方式」です。
この方式は、各返済日に一回毎の返済額が毎月同額の返済方式です。
キャッシュフローが一定なので返済金額がわかりやすいのが最大の特徴です。
ただし、ローン返済期間の初めは利息に充当されるので借り入れ残高が減りにくいという欠点も持っています。
一般的には住宅ローンなどで設定されるタイプの返済方式になります。キャッシングの場合はあまり見かけないタイプの返済方式です。
キャッシング経由での買い物の分割払いをするとキャッシング並の利息で分割払いをすることもできるようです。
もちろん、クレジット払いで分割する事ができるのならその方が金利が安い場合が多いので「元利定額返済方式」はあまりお勧めできる方法ではないでしょう。
a_btn099.gif

キャッシングの返済

キャッシングにおいて融資に対して融資金の返済です。
融資が実行されると、借り入れ側を債務者と呼び、キャッシング業者を債権者と呼びます。債権者は、負債者から元本(または元金と呼ぶ)と利息を受け取る権利が発生し、債務者は融資金額の元本と融資金額にかかる利息を支払う義務が生じました。

返済といっても様々な方法があります。
ATMから期日までの好きなタイミングの振込書が送られてくるようなタイプがあります。(キャッシュディスペンサーからは返済できないのが一般的です。)
また、毎月の自動引き落としのようなものまで存在しています。
返済方法としては、一長一短であります。
確実に返済が可能ならキャッシングして時間のたたないうちに一括完済してしまうのが最も理想的な形ではあります。
しかし、現実は分割して返済することになるでしょう。
分割での返済で、利息のタイプには、返済をしている間にも利息が日割り計算で増えていくタイプがあります。また、初めから返済プランに沿って利息が計算され初めから利息が上乗せされるタイプがあります。
大きく分けるとこの二つのタイプがあります。
これは返済の方式によって変わってくるものなのでキャッシングの前には返済を行えるキャッシングサービスの利用と定期的に返済額を必ず確認しておくべきでしょう。
a_btn099.gif

キャッシングの融資

キャッシングの融資は銀行・または消費者金融などが資金の借り入れを考えている個人対して利息を付けて金銭を貸し出すことを言いいます。

キャッシング融資の場合は個人に対して融資することになります。
その際は審査が行われ、信用情報が主な審査の対象となります。
個人に対しての融資でも、一般的に住宅ローンなど目的がはっきりしている融資と比べると無目的のキャッシングの方が融資金額が小さく、そしてそのため利息も大きくなっています。

融資を受けた個人の場合は、翌月の給料などから返済をすることとなります。そこで、融資金を返済した分、使える給料が減ってしまうので、翌月の生活が圧迫されることになります。そのことを計算に入れないと翌月に返済した分をまたあらたに借り入れるようになります。
そのような非効率的な借り入れ状態に陥りかねない点は十分注意が必要です。

一般的にテレビのコマーシャルなどで言われていますが、「ご利用は計画的に」と言う言葉は、非効率的な借り入れ状態を集約した言葉だと言えばわかりやすいでしょうか?

くれぐれもカード破産のような事だけは避けなければいけません。
昔に比べると融資の上限が初めから低めに設定されているキャッシング業者も多くあるようです。
a_btn099.gif

キャッシングローンの基本

キャッシングローンの基本についてです。

クレジットカードなどのローン専用のカードを使用して受け取る小口の融資のことを、カードキャッシングといいます。

キャッシングローンは、通常ATM(現金自動預払機)やCD(現金自動貸出機)を利用して、融資の手続きができて、お金を借りることが可能です。

カードによるキャッシングを利用した場合の返済方法には、銀行の自動引き落としやコンビニでの支払い、ATM(現金自動預払機)、CD(現金自動貸出機)などの方法があります。

カードキャッシング返済の日はキャッシングの契約時に決定します。

返済方法は、ほとんどの場合、月1回になっており、他には回数や金額を指定する方法や幾つかある中から選択することが出来る方法もあります。

カードキャッシングを利用した場合の利息は、通常の場合は1日単位で計算されます。返済が一日遅れると、その日の分だけでも利息が加算されてしまうことを充分、認識しておかないといけません。

でも、逆に借りた日に全額返済すれば利息は原則かかりません。

カードでのキャッシングを利用した場合の利息の上限は、29.2%までと法律で決められており、だいたい年8%〜18%くらいになっています。

夫々のキャッシング会社の借り入れ利息の比較も無駄な出費を抑えるためにも大切ですが、その前に、借り入れ金の返済方法についてはっきりとした計画を立てておくことが大事です。カードキャッシングを利用して借り入れする時には、自分自身が返済できる範囲内の金額を借りるようにしなければいけません。

更に、利息の増え方などもしっかり把握しておく方が、キャッシング利用後のスムーズな借入金の返済に繋がります。
a_btn099.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。