キャッシング>金利:キャッシング・クレジットカード・ローン安心情報

グレーゾーン金利の制限

グレーゾーン金利撤廃は、最高裁判所で長年争われてきた問題のようです。
最高裁判所で争われてきたグレーゾーン金利の問題は、最終的に最高裁判所がグレーゾーン金利について厳しい判断を下したことが、グレーゾーン金利撤廃への道しるべとなったようです。
グレーゾーン金利撤廃は長年高い利息に苦しんでいた人たちの一筋の光明と言ってもよいかもしれません。

最高裁平成18年1月13日判決 債務者が、事実上にせよ強制を受けて利息の制限額を超える額の金銭の支払をした場合には、制限超過部分を自己の自由な意思によって支払ったものということはできない。
(ウィキペディア)

国会は出資法の上限金利を20%に下げると共に貸金業法の上限金利を利息制限法と同一とし、みなし弁済の廃止、日掛金融の特例金利の廃止、総量規制の導入が盛り込まれ、衆参両院で全会一致で可決されました。

貸金業法の上限金利と利息制限法と同一でグレーゾーン金利がなくなることになります。

2006年12月20日に公布、2007年12月19日に施行。上限金利については、2009年12月19日を目処に引き下げされる見込みである。(法令上では2010年6月18日迄に引き下げ。)


グレーゾーン金利撤廃の問題は誰でも気軽にキャッシングを利用できるようになった今、決して他人事ではないと思います。

そして、グレーゾーン金利撤廃と金利の制限は朗報です。

しかし、当初金融庁がまとめた貸金業規制法改正案は、特例金利の撤廃までの猶予期間を「9年間」とし、その間は現行のグレーゾーン金利をほぼそのまま維持するという内容だった。その背景には、自民党・金融サービス制度を検討する会(甘利明代表)所属議員を中心とする族議員の圧力が存在するといわれ、同会顧問を務める保岡興治・元法務大臣はテレビに出演して特例金利の維持を訴えた。また、同会事務局長を務める西川公也・元郵政民営化担当副大臣(当時)は民営化後の郵貯資金を貸金業界に流すべきだと主張した。こうした動きに対し、後藤田正純・内閣府金融担当政務官(当時)が金融庁案は貸金業界への妥協の産物であると反発し、政務官を辞任するほど紛糾した。(ウィキペディア)

貸金業法の改正にあわせ、カードローンからの利益が大きい信販会社、クレジットカード会社などでも対応を迫られ、分割払い、リボルビング払いなどの金利を1%〜数%引き上げる企業が相次いぐことになった。
a_btn099.gif


posted by WHITE45 at 12:09 | キャッシング>金利

大阪ではグレーゾーン金利の相談が活発

大阪ではグレーゾーン金利相談はとても活発のようです。
グレーゾーン金利とはニュースで一時期話題になった消費者金融などへの支払いにともなう利息の線引きの考え方による問題です。
大阪のグレーゾーン金利は、別に日本全国の他の土地に比べて劇的に高い訳ではないのですが、何故大阪のグレーゾーン金利相談は多いのかと、とても不思議に思えます。

大阪は商人の町だからお金に対してシビアで、しっかりとした対応をとる方が多いので、自分が今置かれている状況などから、グレーゾーン金利に疑問を抱くと、グレーゾーン金利について自分のがどうなんだとの相談が多いのではないかと考えたのです。

ブログでの大阪のグレーゾーン金利相談状況です。

大阪のグレーゾーン金利相談は、大阪や神戸などで行われる弁護士による無料相談会を利用している人が多いようです。

日頃なじみのない弁護士事務所などに一人で相談に行くのは敷居が高くて、勇気もいります。
相談内容も深刻なものですから、無料相談会というのはそういう意味でとても有難いです。
大阪のグレーゾーン金利相談は、グレーゾーン金利返還請求のまず一歩を踏み出す勇気を優しくサポートしてくれるようです。

大阪のグレーゾーン金利相談では、グレーゾーン金利返還請求だけでなく、他にも借金などの返済方法についてアドバイスしてくれるようです。

止むを得ず多重債務をすることになってしまった時や、月々の返済が多くて悩んでいる時など、一人で抱え込まずに早急に相談した方がよいそうです。

大阪のグレーゾーン金利相談は定期的に行われているようなので、気軽に相談に行くとよいでしょう。

ブログでは大阪のグレーゾーン金利相談を行って、グレーゾーン金利返還請求をした人の体験談も記事にしてあるようです。
自分と同じような多重債務に苦しんでいた人の体験談を目にすると、これからどのような流れで話が進むのか知ることも出来ますし、自分も頑張ろうという心の支えにもなります。そしてその上で、体験談を読んで自分もこの難局に立ち向かう勇気が出たら、大阪のグレーゾーン金利相談の無料相談会に行くと良いと思います。

毎日返済日が頭から離れない生活や、給料日のたびに返済してはまた借りるという自転車操業による多重債務をこれ以上増やさないためにも、勇気を出してみるとよいと思います。

大阪のグレーゾーン金利相談がとても多いということは、自分のほかにもたくさんの人が同じ状況から抜け出す努力をしているということだと考えられます。
この際、大阪のグレーゾーン金利相談についての情報を利用して、早速消費者金融を利用した借入金の見直しをすると良いでしょう。
a_btn099.gif
posted by WHITE45 at 10:47 | キャッシング>金利

グレーゾーン金利の過払い計算は簡単

グレーゾーン金利の過払い金は消費者金融が利用したい法律と消費者を守る法律の間に利率の開きがあることが問題です。
例えば消費者金融が利用したい法律と消費者を守る法律の間には、最大で15%弱の利率の開きがあります。
金融機関に大金を預けても年に数十円程度しか利息がつかない現在で、15%弱もの利息を払わなければならないという結果、グレーゾーン金利の過払いが生じるのです。
注意したいのは、消費者金融を利用している人全員にグレーゾーン金利の過払いが発生するわけではないということです。

グレーゾーン金利の過払いになっている人は、高金利で長期間返済をしている人ほど過払い金が発生しやすく、また数社からお金を借りているといったような多重債務の方も比較的長期に渡って返済をしている方が多いので、グレーゾーン金利の過払いが発生している可能性があります。

手元に借入金の契約書を用意して、一度自分でグレーゾーン金利の過払い計算をしてみると良いでしょう。

今や、グレーゾーン金利の過払いを調べて、実際に多額の過払い金を取り戻した人もいます。
またグレーゾーン金利の過払い分を元金の返済に充てて、借金がかなり目減りし、月々の返済がとてもラクになった人もいます。

最高裁判所でグレーゾーン金利の過払い金などに関した厳しく制限する判決が下されたことを受けて、国会では法改正が行なわれました。

グレーゾーン金利の過払い計算をして自分の状況を確認すると良いと思います。

グレーゾーン金利の過払い金が見つかったら、少しでも早く弁護士などに相談するべきで、グレーゾーン金利の過払い計算方法がよく分からない人は、直接弁護士に相談してみるのも良いと思います。

大阪近辺にお住まいの人でしたら、大阪のグレーゾーン金利無料相談会に参加して弁護士に相談してみるのも良いかもしれません。

真面目な人ほど自己責任などという言葉で自分を追い詰めがちですが、グレーゾーン金利の過払いはグレーゾーン金利返還請求をして当然のことですから、早めに対処するとよいので、早目の相談が大事です。

最近は消費者金融のキャッシングをし易いので、安易に利用している人が多いようです。
グレーゾーン金利の過払い金返還請求をする事は確かに当然の権利といえるかもしれませんが、この機会に今一度自分の生活スタイルを見直すのが良いと思います。

一度、サイトでグレーゾーン金利の過払いについて調べてみましょう。
a_btn099.gif
posted by WHITE45 at 09:15 | キャッシング>金利

グレーゾーン金利と消費者金融の密接な関係

グレーゾーン金利と消費者金融には密接なかかわりがあります。
グレーゾーン金利とは法の落とし穴である過払い金に関する問題のことです。
消費者金融はテレビCMでよく見るアコムやアイフルなどの貸金業の営業をする会社のことです。

消費者金融がグレーゾーン金利を使っている問題を見てみます。

消費者金融を利用してお金を借りた人が金利と借入額を返済すると、それは法律に基ずく金利より払い過ぎになってしまうというのに対し、消費者金融側はまだ全額支払っていないという主張の対立が生じることが問題のようです。

グレーゾーン金利と消費者金融は、消費者金融がグレーゾーン金利を利用して高い利息をとっているということからきています。
問題になるほどの高い金利ならば、そもそも法律で認められないんじゃない?と思うのが一般人ですが、ここが欠陥の法律になっています。

グレーゾーン金利と消費者金融についての過去の経緯を見てみます。

グレーゾーン金利と消費者金融という言葉と一緒によく目にするのが、最高裁判所の判決というものです。

最高裁判所では長年グレーゾーン金利と消費者金融の問題について、たくさんの裁判が行われたようです。
単純に言えば、払い過ぎたお金を返せという主張と返す必要はないという主張が法の落とし穴のせいで明確な答えが出なかったということのようです。

でもグレーゾーン金利と消費者金融の問題に突然転機ともいえる判決が最高裁判所で下されました。
このグレーゾーン金利に関して、裁判所は、債務者に有利な方向で解釈する姿勢が強く表れています。

それによって国会が法の落とし穴を是正すべく動き始めたようです。

この最高裁判所の決定によりグレーゾーン金利と消費者金融の問題は一気に表面化し、新聞やテレビのニュースでかなり大きな問題として取り上げられたようです。

グレーゾーン金利と消費者金融の問題は、消費者金融側にとっては激しい痛手を負うものだったようです。

武富士やプロミス、アイフル、アコムなどの大手消費者金融は、最高裁判所の判決後、たくさんのグレーゾーン金利返還請求を受けたようです。

グレーゾーン金利と消費者金融の経営利益は密接な関係にあったのに、国会は手を入れようとはしなかったようです。

消費者金融を利用している人は、一度自分の返済額などについて調べてみるとよいかもしれません。

グレーゾーン金利と消費者金融の問題は個人では対応できかねると思うので、問題が見つかったら弁護士事務所などを訪ねるとよいと思います。

グレーゾーン金利と消費者金融の問題は、気軽にお金を借りられる現在誰にでも起こりうる問題のようです。
a_btn099.gif
posted by WHITE45 at 11:28 | キャッシング>金利

キャッシング・グレーゾーン金利とは

最近になって話題になっているのがキャッシングのグレーゾーンです。
グレーゾーン金利の言葉自体、正規の金利でない印象を与えます。

このグレーゾーンは、いわゆる出資法という法律と利息制限法という二つの法律で禁じている上限の金利が違っているのと利息制限法では罰則が無いために起こった問題です。

例えば、10万円までの借入なら利息の上限は20%です。
100万までなら18%、そして100万以上では15%と言う上限が利息制限法では設定されています。
しかし出資法では借入金額に関係なく29.2%という形で定めてあるのです。
出資法をこえると当然違法金利となり、罰せられます。
しかし出資法に違反すれば罰則がありますが、利息制限法には罰則が設定されていないのです。このためほとんどのキャッシング会社は利息制限法の枠を超えてグレーゾーンでの金利を設定しています。

近年では、このいびつな法律に表立った批判の対象となりました。しかし、利息制限法に則った利息設定を売りにしたキャッシングも出ているようですが、根本的な解決まではまだ時間がかかるようです。

今、キャッシングの消費者金融業界と国との間で話し合いが進み非常に厳しい条件がキャッシング会社に突きつけられようとしています。

以前からグレーゾーンで営業している企業なのに、これほど表舞台に踊り出ている業界ですから、政治家も認識を新たにすべきでしょう。

a_btn099.gif
posted by WHITE45 at 11:39 | キャッシング>金利

無利息のキャッシング

キャッシングで借入れをする際にやはり気になるのがその利息の金利になります。

無利息キャッシングは、それは言葉通りに、利息がかからない(無利息)なキャッシングなのですが、当然、永久に無利息のキャッシングではありません。
この無利息キャッシングは融資から一定期間は無利息で借入ができるキャッシングのことをいいます。

この無利息期間のあるキャッシング会社のほとんどは、新規に入会をしてから7日間は無利息だったり、長いところでは30日間無利息のキャッシング会社まであります。

さらに、中には「何度でも1週間無利息キャッシング」をうたっているキャッシング会社もあります。

うまくこの無利息のキャッシングを利用することによって、普通にキャッシングで借入をすると金利がかなりかかる場合でも,無利息のキャッシングのおかげでほとんど利息を払わずに借入を行うこともできてしまいます。
うまく使えばとっても便利なキャッシングになります。

給料日目前で急な資金が必要になった時などには、利息がかからない無利息のキャッシングはとても役立ち、便利なのです。

うまくこのような無利息のキャッシングを利用して、賢く便利に借入れをしましょう。


a_btn099.gif

posted by WHITE45 at 09:53 | キャッシング>金利

低金利キャッシング

キャッシングをするうえで当然金利のことが意識されます。
一般的に、個人向けの小額の融資サービスのことはキャッシングと呼んでいますが、その中でも利息の比較的安いサービスのことを低金利キャッシングと呼んでいます。
この低金利キャッシングのサービスは、銀行などの金融機関が、会社や個人などの資金を必要とする人たちに利息を得ることを目的として、資金を融資することです。
低金利キャッシングは、ローンとも呼ばれています。

低金利キャッシングが利用されるのは、なんといっても利息がほかのキャッシングと比べて比較的安いので、安心できるということです。
キャッシングでの、金利の%の差は、案外おおきな額に思えないかもしれません。
普通のキャッシングを利用するのと、低金利のキャッシングを利用する金利の違いでは、総支払額が大幅に変わってくることとなります。

一般的に,低金利キャッシングの利息とは、20%以下の金利のものを低金利キャッシングと呼んでいることが多いようです。
このような、低金利キャッシングの申込みの際には、普通のキャッシングの審査よりも低金利キャッシングの審査のほうが当然厳しく、時間がかかることが多いです。

しかし、一旦低金利キャッシングで審査が通れば、借入できる限度額も大きいのでとても便利です。
a_btn099.gif
posted by WHITE45 at 10:53 | キャッシング>金利
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。