ローン>住宅ローン:キャッシング・クレジットカード・ローン安心情報

住宅ローン比較のポイント

住宅ローンは、人生の中で一番大きな買い物と言われている住宅などの購入資金の借り入れと返済に利用します。
ローンの支払いは生活の中でも重要なウエイトを占めるため、どこに融資を申し込むかがポイントになってきます。
住宅ローンの融資先を選ぶポイントとしては、先ず第一に金利を比較することが重要になってきます。そして、住宅ローンの借り入れ、返済に失敗すると返済総額に大きな差が出てきてしまいます。
インターネットなどで住宅ローンの金利を検索すると、各社の金利比較が一覧として出ている事があります。金利以外の検討をするのに、住宅ローンを組んだ場合の各会社の特徴や、メリットなどが紹介されていて、資料請求も簡単に行えるようになっているので大変便利です。

住宅ローンを比較する際に考慮すべき点は、金利条件についで、融資限度額や返済期間がどのくらいに設定されているか、繰り上げ返済の最低限度額などがどうかを、必ずチェックしておきたいです。
住宅ローンの繰り上げ返済を行う人は多くいますが、手数料には費用がかかることを認識しておかなければいけません。
その繰り上げ返済に、もし手数料がかからない会社があれば、返済予定が既に計画されている場合などは、手数料無料は大きな魅力といえるでしょう。
他には保証料や完済年齢、住宅ローン融資での審査基準などを比較し、住宅ローン融資が有利に行なえるか、また融資に適応しているかを確認して、申し込みを行うことが大切になってきます。
a_btn099.gif
posted by WHITE45 at 09:06 | ローン>住宅ローン

住宅ローン諸経費

住宅ローンで住宅を購入する際に頭金などを用意する人は多くいますが、その他に諸費用がかかってきますので、その分の費用も必要です。
住宅購入にかかる諸費用とは、融資保証料や登記費用、不動産仲介手数料や印紙税などがあり、住宅ローンと合わせて融資の対象にもなります。
その他にも、司法書士手数料、融資関係手数料、保険料や登録免許税、土地家屋調査士手数料、不動産取得税、固定資産税清算金など住宅を購入するには建物の費用だけではなく、様々な費用がかかります。
諸費用は思った以上にかなり高額になる場合が多く、新築の物件で購入金額の2%から5%、中古物件で5%から10%の金額が見込まれます。住宅ローンに上乗せすることになりますが、組み合わせることが出来るので、安心して利用することが出来ます。
住宅ローンと組み合わせて諸費用の融資を受ける場合、全体のローン契約金額が高くなる為、返済計画も諸費用を組み込んできちんと行う必要があります。
住宅ローンと諸費用を組み合わさずに支払う場合は、購入前に費用を用意することになり、自己資金を準備しておく必要があります。
更に、引越費用や家具の購入など、他にも様々な高額の費用がかかります。中古住宅の場合には、予想外の修繕費もいる場合があります。住宅ローンと組み合わせて融資を受けるか、自分で別途に用意するのかなど、支払計画を考えないと、日常の生活にも大きな影響が出てきます。
a_btn099.gif
posted by WHITE45 at 09:13 | ローン>住宅ローン

住宅ローン借り換え

住宅ローンの借り換えは、低金利のローン会社に借り入れを変更する事であり、借りていたローンを一括返済して新たにもう一度違う金融機関で契約を行うことをいいます。
住宅ローンの残金が多く金利差が多いほど、借り換えを行うことで軽減額が大きくなるため、メリットも大きくなっています。
住宅ローンの借り換えは新しい契約を行うため、融資に際しての審査はもちろんのことありますし、契約諸費用もかなりの金額がかかってきます。
住宅ローンの借り換えによってトータルとしてメリットがどの位あるのかを計算し手続きを行わなければ、諸費用で損をしてしまう可能性もあります。
住宅ローン借り換えの為に用意する書類も多く、最初に契約を行った時と同じように費用もかかります。
登記費用や印紙税、保証料に司法書士への報酬など思った以上の費用がかかり、元のローンを一括返済するのにも手数料も支払う必要があります。
住宅ローンの借り換えでの審査は新規の時と同様に行われ、現在までの返済状況や担保物件の評価額も合わせて審査項目になります。

元の住宅ローンの支払いが1回でも遅れていたり、年収が下がった場合などは審査によって通らない可能性もあるのは気がかりです。
住宅ローンの借り換えは諸費用の支払いをしてもメリットがあるのかを充分に確認し、手続きを行うことが大切です。
a_btn099.gif
posted by WHITE45 at 09:07 | ローン>住宅ローン

住宅ローン控除

住宅ローン控除とは新築や中古の住居を購入した人や、現在住んでいる建物を増築した際にかかる費用に、借入金を利用している場合に所得税が控除される制度になります。
住宅ローン控除は、一定の条件を満たしていれば確定申告をすることにより受けることが出来ます。
住宅ローンの返済期間によって控除の期間も定められ、所定の金額(借り入れ残高を対象とする料率による)が所得税から控除されます。
住宅ローン控除が受けられる条件としては、床面積が50u以上であること、床面積の2分の1以上が居住用であることなどの条件があげられます。
建物以外にも、住宅ローン控除を受ける年の合計年収が3000万円以下であることや、新築時または購入の日から6ヶ月以内に入居し、適用を受ける年の年末まで居住していることなどが条件としてありますので、対象になっているかの確認をする必要があります。
住宅ローンの控除は、手続き上自ら確定申告することとなり、会社員の場合は2年目以降年末調整として手続きが可能となっています。
最初の年は自分で書類を揃える必要があり、大変な感じもしますが、住宅ローン控除は還付額もそこそこにあります。必ず手続きを行うようにしましょう。
住宅ローン控除に必要な書類としては、給与所得者の住宅借入金等特別控除申告書や年末調整のための住宅借入金等特別控除証明書、住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書などがあります。これらの書類もローン契約初年度に金融機関から送られてきますので、保管しておかなければいけないでしょう。
a_btn099.gif
posted by WHITE45 at 08:55 | ローン>住宅ローン

住宅ローンの審査

住宅ローンはとても大きな貸付金額になるため、融資を受ける際の審査は様々な基準が設定され、審査も厳しく行われます。
せっかく住宅を購入したのに、住宅ローンの審査に通らなかったという例がありますので、自分がどう判断されるかを知っておく必要があります。
住宅ローンの審査では、ただ年収が高ければ審査に通るというものではなく、ローン期間が長期に亘る為、数十年先も返済能力があるかどうかが重要になります。
住宅ローンの申込時に年収が高い人でも、給与が安定していなければ審査が難しくなってきます。それには、勤続年数が短い人は住宅ローンの審査に通らないというのが共通しています。転職が多く、どの会社も短い期間で退社をしている人などは信用度が低く見られ、住宅ローンの審査にパスしない場合があります。
クレジットカードや消費者金融の支払いが滞っている人なども、チエックされ、住宅ローンの審査が通らない場合があります。信用調査は信用情報センターでの確認も行われます。
カードなどのローンが滞っていなくても、負債比率が融資会社の基準を超えている場合は、住宅ローンの審査が厳しくなります。
住宅ローンの審査は、20歳以上で収入が安定していて、勤続年数が3年以上という条件を最低でもクリアしなければなりません。

ただ、自営業や外国人などは、住宅ローンの審査が通りにくいという事もありますが、そういった人向けの融資会社も別個にあるので調べてみると良いと思います。
a_btn099.gif
posted by WHITE45 at 09:23 | ローン>住宅ローン

住宅ローン繰り上げ返済

住宅ローンを組んでいる人は、なるべく繰り上げ返済を行うことを目標にしている場合が多いと思います。
繰り上げ返済には期間短縮と返済額軽減の方法があります。
住宅ローンの繰り上げ返済を期間短縮で行うメリットとしては、当然融資の申し込みをした期間より早く返済できるという事です。
返済額軽減での住宅ローンの繰り上げ返済は、期間は変わりませんが毎月の返済額が減るといった方法になります。
住宅ローンの返済をなるべく早く済ませたいと思う気持ちは分かりますが、子供の教育費用にかかる資金などある程度の余裕資金を残し、計画を立てながら繰り上げ返済を行うことが大切です。
また、住宅ローンの繰り上げ返済には手数料がかかる場合が多くありますので、こまめに行うより、ある程度の資金がまとまってから行う方が得策です。

期間短縮の繰り上げ返済を行った場合、住宅ローン減税の対象外になる場合があり、繰り上げ返済でのメリットがデメリットになることもあります。
住宅ローンを他へ借り換えようと思っても、出来なくなる場合もあり、繰り上げ返済についてよく調べ、しっかり考えてから行うようにしましょう。
住宅ローンの繰り上げ返済を多く行うことで金利に充当する金額が減額になって、数百万円単位での削減が出来ますが、今後必要な資金を充分に考えた上で手続きを行うことが大切です。
a_btn099.gif
posted by WHITE45 at 10:42 | ローン>住宅ローン

住宅ローンの変動金利

住宅ローンの金利には、変動金利と固定金利の2種類があります。適用する金利の形態は借りる本人がどちらかを選択する事が出来ます。
住宅ローンで言われる変動金利とは、当初の契約時の金利が返済の途中でも定期的に金利が変わる支払い方法を言います。
高金利の時期に住宅ローンを組んだ場合でも、その後金利が下がれば返済額も減りますが、逆に金利が上がった場合も考えられる、金利が上がって返済額の総額が増えてしまうことも十分あり得ます。
しかし、金利が無制限に上がるとローン契約をするのは、非常に不安になります。そこで、住宅ローンで言われる変動金利にも種類があり、上限金利特約付変動金利と呼ばれて、金利の上限が定められのがあります。上限金利特約付変動金利は、金利の上限が定められて、どんなに金利が高くなっても一定の金額より上がる事はありません。
でも、上限金利特約付変動金利は、変動金利に比べて安心感がありますが、最初に、金利が高く設定されるというデメリットがあります。
住宅ローンを変動金利で組んで有利な人は、借入金額が少ない人か、短期のローンを組む人になります。
長期間の住宅ローンを組む場合、将来金利が上がった際に元金も増えることから注意が必要になります。
もちろん金利が下がり元金が減ると言ったメリットをうむ場合もありますが、現在の低金利の状況からは、これ以上金利が下がることはないでしょう。いずれにしても、長期間住宅ローンを組む場合にはしっかりと市場を見極める目が必要となります。
a_btn099.gif
posted by WHITE45 at 10:29 | ローン>住宅ローン

住宅ローンの固定金利

住宅ローンを利用するのに金利の種類を選択する必要があります。
変動金利と固定金利のどちらかを選ぶことになります。
住宅ローンの固定金利とは、融資契約を行う時点での金利(変動しない)で支払いが完了するまで払い続けるタイプです。
固定金利は契約時に決められるため、住宅ローンを返済するに当たっての計画が立てやすく、長期間払い続ける人には返済するにしても、安心感があります。
住宅ローンの金利と言えば以前から、固定金利が一般的でしたが、金利が低くなった場合に、やはり低い金利の恩恵を受けたいと考え、変動金利を選ぶ人も多くなっています。
しかし、住宅ローンは契約後、何十年もの間ローン返済を続けるのですから、金利の高く変動して、支払額を多く払わなければならない変化があっては、返済計画が狂ってしまいます。

住宅ローンで毎月支払う額が一定で、返済計画が建てやすい固定金利の方がさらに、有利な方法もあります。
住宅ローンの金利が高い時にローン契約をしている人は、途中で固定金利から変動金利へ契約変更するなどして対応が出来ます。金利市場の動向をチェックしてローン契約の変更をする事も念頭においておくべきです。
住宅ローンを申し込む場合、金利はとても重要な項目になります。現在の金利状況やこれからの金利状況を見極めて、固定金利か変動金利か、有効な金利方式を選ぶようにしましょう。
a_btn099.gif
posted by WHITE45 at 10:32 | ローン>住宅ローン

住宅ローンの金利

住宅ローンを選ぶ際に重要な点はいくつかありますが、金利がどの位かが一番重視されます。
住宅ローンの金利は大きく分けて3つに分けられ、固定型金利と変動金利、固定期間選択型があります。
住宅ローンの固定金利型にも種類があり、全期間金利の変動が無く融資が受けられる場合と、段階によって金利が上がっていくタイプがあります。
固定金利の2つのタイプは、低金利で住宅ローンを組むことが出来れば返済計画も立てやすく、有利なようにおもいます。
住宅ローンを変動金利で申し込む場合には、年に2回金利の見直しが行われますが、5年間は固定金利で返済を組まれる場合が殆どになっています。
変動金利の場合、低金利の間は良いのですが、逆に高金利になってしまう可能性もあり、ローンの返済期間が長いと負担になってきます。
変動金利でも上限金利特約の住宅ローンなら、上限の金利が決まっているため普通の変動金利に比べると多少、安心感があります。
住宅ローンでも固定期間選択型は、決められた期間の返済が終了した後、金利の状況に応じてどの返済方法にするか選ぶことが出来ます。
どの住宅ローンの金利も契約を行う時の状況や、これからの経済状況をある程度予測して行う必要があります。しかし、現在はずーっと低金利で来ていますので、いずれ、金利は上がるものだとの認識は必要です。状況を良く考えてから契約することが大切です。
a_btn099.gif
posted by WHITE45 at 13:51 | ローン>住宅ローン

住宅ローンとは

住宅ローンの利用には、新築や中古マンション、一戸建ての購入や土地、自宅のリフォーム、別荘の購入などがあります。
住宅ローンは大きな資金を長期間にわたって借りるため、安易に決めるのではなく、今後には家族構成や、収入や、職場環境の変化などもありますから、将来を見据えた計画性を持って申し込むことが大切です。

住宅ローンは大きく分けて2つに分けることが出来ます。公的融資と民間融資と呼ばれるものになります。
新築のマンションや一戸建てを購入する際によく利用されるものは公的融資になり、住宅金融支援機構や財形融資、年金融資や自治体融資などがあります。
公的融資の住宅ローンは融資の審査が厳しく、融資が受けられない場合も考えられますが、金利が安いので一応、借り入れの検討は行なうのが良いでしょう。
住宅ローンの民間融資とは、銀行や保険会社が行っている融資になります。公的融資の住宅ローンに比べて融資の対象審査も厳しくないものの、金利は選んだ銀行や保険会社によって幅があります。
住宅ローンを選ぶ際には充分な比較検討をする必要があります。

住宅ローンの公的融資を受けていて、後から民間融資に変更したりする事も可能になっていますが、手数料や金利面などトータルの考え方で選ぶ事が重要になってきます。

a_btn099.gif
posted by WHITE45 at 09:20 | ローン>住宅ローン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。