ローン>銀行の教育ローン:キャッシング・クレジットカード・ローン安心情報

損保ジャパンの「NET教育ローン」

損害保険会社の損保ジャパンには「NET教育ローン」があり、インターネットで申し込み手続きができます。
損保ジャパンの他の金融機関の教育ローンと大きく違う特徴です。

教育ローンの融資資格は、借り入れ時に満20歳以上で、完済時に満60歳以下であることと、原則として勤続年数が3年以上の正社員であることが条件になります。
自営業、会社代表者、契約社員派遣社員、パート・アルバイトの職業の方は残念ながら申し込むことはできません。

教育ローンの融資金が使える学校は、小学校から大学・大学院、専門学校などのほとんどの学校が対象です。
教育ローンは海外留学の資金にも利用できます。
また教育ローンは子供の教育資金だけでなく、自分のスキルアップの資金にも使えます。

教育ローンの融資はE300、E100、E50の3種類があり、それぞれ教育ローンの融資内容が違います。
それぞれ年収の条件があり、教育ローンの融資金額が変わってきます。

・E50 …… 前年の税込み年収が300万円以上であること、
        融資金額は1万円単位で50万円から300万円
        金利は固定型金利で、年4.2%(保証料は込み)
融資期間は1年単位で1年から5年
・E100…… 前年の税込み年収が400万円以上であること、
        融資金額は100万円から300万円
        金利は固定型金利で年3.9%(保証料は込み)
融資期間は1年単位で1年から5年
・E300…… 前年の税込み年収が700万円以上であること、
        融資金額は300万円から500万円
        金利は固定型金利で年3.6%保証料は込み)
融資期間は1年単位で1年から7年です。

返済方法は元利金等返済です。

損保ジャパンの教育ローンには、担保は必要ありません。
連帯保証人は原則として必要ありませんが、保証会社の審査結果により連帯保証人が必要になる場合もあります。

クレジットカードの用途(ETC)とグレード

a_btn099.gif







posted by WHITE45 at 11:05 | ローン>銀行の教育ローン

JA組合員ならJAバンクの教育ローン

JA(農協)の組合員の方であれば、JAバンクの教育ローンが利用できます。各地域のJAバンクによって、融資内容が多少異なりますが、大体以下の通りです。

融資を受ける資格は、申し込み時満20歳以上で、完済時満71歳未満であること、前年度年収が150万円以上であること、
勤続年数が1年以上でJA地区内に1年以上移住していること等です。
JAの教育ローンは最大500万円までの融資を受けることができます。(年収による制限があります)
融資金は
・入学金・授業料・教材費などの納付資金
・下宿代・アパート代など教育に必要な資金に利用できます。

融資期間は最長14年以内(返済据置期間7年以内を含みます)
基準は6ヶ月単位で7年以内
在学中に元金の返済を据え置くことができます。

金利は、各地域のJAバンクにより変わりますので、店頭で確認してください。
金利は変動金利(特約により固定金利の選択も可能)。

返済方法は
・元利均等毎月返済または元金均等毎月返済(いずれもボーナス時の増額返済可能)
・返済金は指定の貯金口座から毎月自動引落し
子供の就職後、子供を債務者として加えることができます。(親子リレー扱い)

融資には保証人は必要ありません。
担保も必要ありませんが、JAバンクが指定する保証期間の保証( (社)愛知県農協信用保証センターの保証 )を受けることが必要です。

団体信用生命共済加入
JA負担で、原則として団体信用生命共済に加入

JAバンクでは、9月から翌年3月くらいの間の受験・入学シーズンに、教育ローンのキャンペーンを行っています。
キャンペーン期間中であれば金利が安く融資を受けることができますので、この時期に申し込んだ方が良いでしょう。
また、子供の数によって金利の優遇が受けられる場合もあります。
クレジットカードの用途(ETC)とグレード

a_btn099.gif




posted by WHITE45 at 13:43 | ローン>銀行の教育ローン

労働金庫の教育ローン

サラリーマンで会社の労働組合に加入している方に利用できる教育ローンがあります。全国の労働金庫(ろうきん)で扱っています。

中央労働金庫を例に取りますと内容は以下の通りです。

教育ローンの融資は労働組合の組合員を対象にしていますが、組合員ではない方にも貸付をしています。
融資金額は、団体会員は最高1,000万円まで、団体会員以外の人は、最高500万円までです。
かなり高額です。

融資金の対象になる学校は、幼稚園から大学専門学校までのほとんどの学校です。
入学金や授業料だけでなく、受験料、学用品、下宿の敷金・礼金などにかかる費用にも使えます。
さらに、海外の留学費用(6ヵ月以上滞在)など、或いは、他行の教育ローンからの借換え費用にも利用できます。

無担保で連帯保証人は要りませんが、労働金庫が指定する保証協会の保証が必要です。

融資機関は最長10年です。
別途、元金据置期間(最長5年)を設定することもできます。

金利は変動金利と固定金利の2種類になります。
変動金利型の場合は、団体会員の方は年1.775%、団体会員以外の方は年2.275%です。
固定金利型の場合は、団体会員の方は年1.9%、団体会員以外の方は年2.4%です。
(特別金利の適用は2009年4月30日まで)

【団体会員とは】
中央労働金庫に出資のある、以下の団体会員の構成員の方が対象です。
(1)労働組合 (2)国家公務員・地方公務員等の団体 (3)勤労者のための福利共済活動を目的とする団体で事業年数が3年以上経過しているなど一定の条件を満たすもの。

返済方法は3つのタイプから選べます。

★ 一般タイプは元利均等毎月返済か、元利金等毎月とボーナス併用返済の一般的なタイプです。
★ 据置タイプは、在学中は利息のみの返済で、社会人になってから元利金の返済を開始するタイプです。在学期間中の何かと物入りな時期の負担軽減に最適です。
★ 分割タイプは融資金を最高4回に分割して受け取り、その間は利息だけを返済して、社会人になってから元利金の返済を介しするタイプです。入学当初より、あらかじめ毎年の授業料を準備することができます。

繰上げ返済   手数料無料(全額だけでなく一部繰上げ返済も可能)
クレジットカードの用途(ETC)とグレード

a_btn099.gif




posted by WHITE45 at 11:55 | ローン>銀行の教育ローン

三井住友銀行の教育ローン

日本の三大メガバンクの1つ、三井住友銀行の教育ローンは無担保型と有担保型があるのが特徴です。
普段の生活の中で、三井住友銀行をメインバンクとして利用しているのなら、教育ローンも三井住友銀行を検討してみるのもいいでしょう。

三井住友銀行の無担保型の教育ローンは、資金額は、1万円単位で10万円から最大300万円までです。
融資期間は1ヶ月単位で、6ヶ月から14年です。

また、有担保型の融資金額は10万円単位で、50万円から3,000万円です。
期間は1ヶ月単位で1年から30年です。
有担保型になると、金額も期間も大きくなります。

金利はどちらも変更型金利の融資になります。
有担保型が3.375%、無担保型が、4.875%です。(2008年10月現在)

三井住友銀行の金利は、他のメガバンクに比べて少し低めです。
しかし、変更型金利ですと、返済している間に金利が高くなってしまうリスクがあります。現在は低金利ですので、長期の借り入れはいずれ、金利上昇の影響が出ると思われます。
返済期間が短く済むように計画すると、リスクを減らすことができるでしょう。

返済方法は、どちらも元利金等返済になります。
子供の在学中に金利返済のみを行い、卒業後(最長7年)に元金返済を行う据え置きもできます。
将来、申し出ることにより親子リレーで返済を引き継ぐこともできますので、親の老後の蓄えを心配しなくて済みます。
ただし、変更型金利ですので、あまり据え置きを長くしてしまうと、金利が高くなってしまうリスクがあることを認識しておかなければいけません。

連帯保証人は不要ですが、三井住友銀行指定の団体信用生命保険に加入が必要です。
その保険料は三井住友銀行が負担します。
有担保型では保証会社の手数料が必要となります。

また、三井住友銀行では、住宅ローンを利用していて、住宅ローンの返済が1年以上ある方に、教育ローンの金利を優遇する特典をつけています。
「ライフイベントローン」という商品で、融資金の使い道は自由です。
金利は変動型金利で、年3.375%と低金利です。
各大手銀行は、このような特典をつけることで、ローン利用者の囲い込みをしているようです。

有担保型のローンを取り扱ってない店舗もあるようで確認が必要です。
a_btn099.gif




posted by WHITE45 at 11:09 | ローン>銀行の教育ローン

りそな銀行の教育ローン

教育ローンを選ぶには、なるべく金利が低い公的ローンを選べればよいのですが、利用条件に合わなければ利用することができません。
民間の金融機関の教育ローンは、たいてい無担保で連帯保証人が必要ありません。
また、受験・入学シーズンに、金利優遇キャンペーンを行っている金融機関が多くありますので、これを利用すると低金利で借りることができます。
りそな銀行の教育ローンは子供の教育資金ローンは勿論のこと、自身の
ステップアップのための自己啓発プランとしてのローンも用意されています。
ローン使途
(1)子供の幼稚園以上の学校または学習塾などへの納付金(入学金・授業料等)
(2) 教育関連諸費用(教科書代、制服代、アパートの敷金など<最大50万円まで>)
(3) 自身の生涯学習・資格取得のための各種学校等への納付金
  ※ 教育関連費用は学校納付金などとあわせてのご利用となります

りそな銀行の教育ローンは無担保で変動型金利です。

融資を受けられる方の条件は以下の通りです。
・借入時に満20歳以上満66歳以下で、完済時に満75歳未満の方
・継続安定した収入のある方(パート・アルバイトの方も可能です。年収・勤続年数などの条件はありません)
【他の銀行ローンと特筆した違いです。】

融資金は幼稚園以上の教育費に使うことができます。
融資金額は1万円単位で、10万円から最大300万円以内です。
返済期間は1年単位で10年以内です。

子供の在学中の元金返済の据え置きができます。
返済方法は、毎月の元利金等返済とボーナス併用返済とができます。
連帯保証人は必要ありませんが、りそな銀行所定の保証会社の保証を受けることになります。
また、団体信用生命保険の加入が必要です。
団体信用生命保険の加入料はりそな銀行が負担します。

金利は年5.375%です。
(平成20年6月現在)
他の大手銀行と比べると、少し金利が高めです。
a_btn099.gif





posted by WHITE45 at 10:09 | ローン>銀行の教育ローン

みずほ銀行の無担保型教育ローン

みずほ銀行の教育ローンは無担保型になります。
みずほ銀行の教育ローン就学に「必要な資金をゆっくり、無理なく返済」をテーマにしています。
無担保型の教育ローンの融資条件は次のようになっています。
・借入時の年齢が満20歳以上満66歳未満で、完済時の年齢が満71歳未満の方
・勤続年数(営業年数)が2年以上の方
・前年度税込年収(個人事業主は申告所得)が200万円以上で安定かつ継続した収入の見込める方

融資金額は1万円単位で、10万円から300万円以内です。
融資期間は6ヶ月以上10年以内です。
返済方法は元利金等返済ですが、ボーナス併用返済もできます。
子供の在学中は金利のみを支払い、元金返済を据え置きすることもできます。
保証人はいりませんが、みずほ銀行所定の保証会社の保証が必要になります。

金利は、変動金利方式と固定金利方式から選べます。
2008年10月中の借入分ですと、変動金利方式は5.775%、固定金利方式の金利は6.650%です。
変動金利の金利は、毎年4月1日と10月1日のみずほ銀行所定の短期プライムレートを基準として、年2回見直しを行います。

2007年12月3日から2008年5月30日まで、みずほ銀行教育ローンの金利優遇キャンペーンがありました。今年はまだ発表されていません。いずれキャンペーンは行なわれるでしょう。
このキャンペーン期間中に無担保型教育ローンの借り入れをした場合、優遇金利が利用できます。
昨年実績、店頭表示金利より、年1.5%優遇になっていました。

みずほ銀行の教育ローンには、不動産担保型もあります。
融資条件は無担保型の教育ローンの融資条件と同じになっています。
・借入時の年齢が満20歳以上満66歳未満で、完済時の年齢が満71歳未満の方
・勤続年数(営業年数)が2年以上の方
・前年度税込年収(個人事業主は申告所得)が200万円以上で安定かつ継続した収入の見込める方

不動産担保型は、自宅を担保に1年単位で1年以上最長25年、1万円単位で50万円から3,000万円まで借り入れができます。
みずほ銀行所定の団体信用生命保険への加入と、保証会社の保証を受けることが必要です。
なお、不動産担保型は金利優遇キャンペーンの対象外になります。
a_btn099.gif



posted by WHITE45 at 10:29 | ローン>銀行の教育ローン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。